Bi-Bo-6

Bi-Bo-6

記憶を記録 feat. 宇田川藍

時系列データでいろいろなグラフを作る(CSV更新回数編)

都道府県別新型コロナウイルス感染者数マップ」というものを作り、日々更新を続けております。

aimerci.hatenadiary.jp

リリースした2月16日時点では46件だった症例数も、4月29日深夜時点で14,160件と、膨大な数になってしまいました。ポストコロナはいつになるだろうか…。

 

更新作業では、自治体ごとに公表情報(内容そして様式)が違うものを平準化および一元化するために結構な手作業が発生しています。しかし私自身、自分の会社での日常業務もありますし、特に4月下旬のここ1週間ほどは思うように作業の時間をとることが出来ず、皆様にご不便をおかけすると共に、大変歯がゆい思いをしていました。4月29日深夜にやっと、データ更新が追いついたところです。

 

データ更新をしていて思ったこと。それは、「こんなに同じ作業を、2ヶ月間以上、土日祝関係なく毎日やったことって、人生で初めてかもしれない」という不思議な気持ち。

そこで今回は、「CSVファイルの更新回数」をテーマにいろいろなグラフを作って、ここ数ヶ月の作業を振り返ってみたいと思います。

 

プロジェクト概要

CSVファイルの更新履歴」をテーマにグラフを作る

 

対象データ

対象期間は3月1日〜4月30日、1128回分の更新履歴

 

目標

・時系列データの扱いに慣れよう

・自分の作業をタイムスタンプ付きで振り返る機会は少ない、新たな気づきを得よう

・つまりは反省会

  • データの整形
  • グラフを作るためのツールは ChartBlocks に決定
  • グラフとコメント
    • 曜日別、更新回数
    • 日別、更新回数
    • 時間別、更新回数
    • 月別、更新回数
  • まとめ
続きを読む

メディアの外側から COVID-19 国内症例マップ を発信する意味、オープンデータとシビックテック

※以下の記事の続編のようなもの。
COVID-19 国内症例マップ(ダッシュボード)を作成して考えたこと - Bi-Bo-6
※3月2日AM: 見出しを整理しました


ダッシュボード本体 *URL変更になりました/レスポンシブ対応  *1 gis.jag-japan.com

前回は、GISを用いた「視覚化」について詳しく書きました。
今回は、大項目として3つのことを書きたいと思います。広くオープンデータについて取り上げようと思います。

  • (1)報道機関・メディアではない私達がマップを作る意義を考える
    • GISダッシュボードだから表現出来ること
    • 運用時に意識したこと
  • (2)元データから情報公開の現状を知る
  • (3)「情報公開」と「オープンデータ化」は違う
    • 自治体間の「情報公開」格差を是正するためのフレームづくり
    • 「オープンデータ化」はその次のステップ
    • 国内のオープンデータ事業にも既に多くの事例がある
  • 参考


*1:レスポンシブの実現やボタンの配置などを最適化するため、別ページを作成しました。今までのURLでもアクセスできます。 https://jagjapan.maps.arcgis.com/apps/opsdashboard/index.html#/641eba7fef234a47880e1e1dc4de85ce

続きを読む

COVID-19 国内症例マップ(ダッシュボード)を作成して考えたこと

※3/1追記。続編のようなものを書きました。
メディアの外側から COVID-19 国内症例マップ を発信する意味、シビックテック - Bi-Bo-6

 

私達で作成・更新を続けている、GISを用いた新型コロナウイルスダッシュボード(公開情報一元化)について、独立行政法人 国際感染症センターさんが、Facebookでシェアをしてくださいました。ありがとうございます。17日に公開したこのレイヤは、22日深夜までで70万viewになりました。

www.facebook.com

 

f:id:aimerci13:20200223033851p:plain

都道府県別新型コロナウイルス感染症患者数マップ

そこで、このダッシュボード作成で感じたことを書いておこうと思います。(論文か?)

続きを読む

ハスカップティー - はすかっぷサービス

shop.haskap.jp

 

今日は冷え込みもきつくて何を飲もうかな~と、

家に二袋だけあったハスカップティーバッグ*1を試してみた。

ほっと、休憩したいときに最適な香りと味わい!フレーバーとしては、マンダリンオリエンタルのオリジナルブレンドティーにも近いと思った。

 

忘れないようにメモっておこう。

*1:何のご縁だっけか?不明だけれども