Bi-Bo-6

Bi-Bo-6

記憶を記録 feat. 宇田川藍

三軒茶屋界隈の三ツ星ベニュー(2017年・夏)

本日は久しぶりの旧友とのんびり三茶ツアー。わざわざ私の地元まで来てもらってしまって甚だ恐縮でしたが、お陰様で私も普段は行かないところまで足を伸ばすことが出来ました。そしてお店の中でも外でも会話が途切れず、ずーっと喋っていた、こんな風にシームレスに話が続くのって女性らしいコミュニケーションだよなあなどと思ったり。

訪れたお店

shivacurrywara.jp

まずはランチから。インドカレーのお店「シバカリー ワラ」。茶沢通りを下り、道を1本入ったところにあります。三軒茶屋駅から徒歩5分くらい。なによりも行列必至の人気店ですので、訪れる際は「待ち」の覚悟を。店内の雰囲気もインド感に溢れており◎。ホリデーランチのメニューは、カレー2種盛りにナンやライス、箸休めがプレートになっており1,100円から。味も前評判の通りとても美味しい。私が頼んだのは「ポークカリーキーマ」と「ケララシーフード」でした。

例えば「辛さ」や「コク」というような、一言で表現できる味ではありません。むしろ、スパイスのブレンドが「なんとも言えない」独特でミステリアスな味を醸し出しています。神秘的な味わい、ゾウの神様がいるという国なだけある、そんなことさえ考えてしまう。無理矢理当てはめるなら、「ビールに感じる美味しさ」みたいなものに近いのかな。そんな、大人の快楽があるカレーです。特にケララは、レモングラスの香りかな(?)酸味が心地よくて大当たりでした。

インドカレー店に対する、「どこも横並びで美味しいんだろう」という先入観を打ち砕いてくれた、私にとっては記憶に残るお店になりそうです。*1


retty.me

おもたせに寄り道したのは「伊勢屋」。数年前にこのあたりを歩いた時、随分綺麗なお店が出来たなあなどと勝手に思っていましたが、実は80年以上の歴史がある和菓子屋さんで、以前は西友の隣(今はラーメン屋さんだとか)で営業していたとのこと。水菓子諸々が美味しそうで、プレゼント用に詰め合わせしてもらいました。どら焼きが名物とのことで、今度は自分用に買ってみようかな。*2

 

www.tokyosaryo.jp 

そして、同じ三軒茶屋でも南北真反対の上馬方面へ。本日の本命ベニュー、「東京茶寮」は住宅街の片隅にひっそりと佇んでおります。「ハンドドリップ日本茶」「シングルオリジン日本茶」という言葉にうきうき好奇心が止まりません。ちなみに近いうちに銀座にもお店ができるそうです、そちらは物販専門とのこと。

日本茶2種飲み比べとお茶菓子がついたワンプレートが1,300円。お茶は2煎ずつ+食後には玄米茶にアレンジして淹れてくれます。また、お茶菓子は数種類から好きなものを選べるのですが、どれもユニークでした。私たちはふたりとも「レモンのフォンテーヌブロー」をチョイス。レモン香る水切りヨーグルトでした!さわやか〜。*3

店員さんが教えてくれるお茶にまつわるエトセトラがどこまでも興味深くて、最高です。*4例えば「ペットボトルのお茶などは、味を安定させるためにいろんな茶葉をブレンドしている」「"◯◯茶"のような地名を冠したブランド茶は、供給量を安定させるために周辺農園とも協力して調整をしている」「だからこそ東京茶寮ではシングルオリジンと銘打って、茶葉単体の味を楽しめるようにしている」「京都の有名なお茶屋さんによれば、日本茶も5煎まではいけるらしい(注ぐお湯の温度管理に注意!)」「お茶といえば静岡のイメージだが、最近は特に九州産の勢いがすごい(市区町村別の生産量NO.1は鹿児島県知覧町)」「お茶も品種改良されることがあるが、茶葉の木は成長に10年かかるため非常に気の長いプロジェクトになる」「まっすぐな茶葉と縒ったような茶葉の違い」「浅蒸しと深蒸しの違い」などなど……。また、オーナーさんが事業に掲げたテーマとしても「地方のお茶農園の活性化」ということらしく、ソーシャル・ビジネスとしても要注目です。*5

日本茶って、実は実家を出て以来あまり飲んでいませんでした。実家では夕食後の団欒のお供が緑茶だった。翻って我が家といえば、私が紅茶で、夫は中国茶にお熱*6、という感じかな。そういう意味でも、1杯の緑茶に集中して、こんなに緑茶と向き合う時間そのものが人生で初めてだったといっても過言ではありません。

「とにかく行ってみて」の一言に尽きる、最高の体験が出来る場所です。

f:id:aimerci13:20170811135241j:plainf:id:aimerci13:20170811140122j:plain

普段緑茶を淹れるときって急須の蓋を締めてしまうので、こんな風に明るい照明の下でお茶っ葉をまじまじと見つめる行為もなんだか新鮮です。

 

mamehico.com

日本茶をひとしきり満喫した後は、また三茶の中心地に戻って「カフェ マメヒコ 三軒茶屋本店」へ。

店内は満席で相変わらずの大盛況!コーヒーショップらしい活気のあるお店です。話が弾みます。ここではエルダーフラワーのソーダを注文。マスカットの風味がさわやかで夏にぴったりの味でした。

 

そんな感じで今日は北へ南へ三茶大満喫*7。いい街だ!

貴重なお休みの日、長時間付き合ってくれた友人に大感謝。

 

 

*1:今日はたまたま日替わりメニューから外れていただけのようだけど、インドカレー店おなじみの「バターチキンカレー」が選択肢になかったのも新鮮だったなあ。

*2:それにしても茶沢通り西側1本裏の道(西友ソフトバンクのところ)には、独特の雰囲気がありますね。私は世田谷幼稚園出身なので昔から馴染みのある場所のはずなのですが、既にツリボリの跡形もなくなっており(マンション建設中)、20年前の景色とは全く違います。美味しそうなパン屋さんやおしゃれなスペインバル、そして雑貨屋さんと、いい意味で、「吉祥寺リスペクト」的な空気と呼べば良いのかな?Hanako受けしそうな、そんな空気感。

*3:数口食べて当てた彼女すごい!

*4:お盆ということもあるのか?今日私達がお店に入ったときは先客がおらず、30分以上も店員さんを独り占めでした。その後はあれよあれよという間に満席に。

*5:数日前に「日本の農業」の深い話をしたばかりだったので、尚更私の心に響くテーマだった。

*6:最近のお気に入りは阿里山だそうで。

*7:三茶大道芸は10月開催です。

消費動向調査から「隣の芝生」を垣間見る(同年代の世帯のすがた)

 総務省は22日、消費を包括的にとらえる新指標として「消費動向指数(CTI)」を開発し、2018年1月分から公表することを決めた。家計調査の刷新とともに提供を始め、民間のビッグデータを順次、活用して速報性を強化する。

 ミクロの消費動向を示す家計調査は2人以上の世帯が対象で、これを補完するために17年8月を目途に単身世帯を調べる「家計消費単身モニター調査」を始める。18年1月には家計調査もキャッシュレス化に対応するなど改善。これらを合わせて、世帯の消費動向を包括的に把握できる指標体系を構築するという。

 マクロについても、GDP(国内総生産)統計の四半期別公表値では観測できない月次の値を推計し、両面から消費をみる。産学官連携の研究協議会を立ち上げ、ビッグデータの実用化を進めることも決めた。

 消費関連指標のあり方について議論してきた有識者研究会の提言を受け、高市早苗総務相は「多くの人に利用いただける信頼性の高い指標になると確信している」と話した。

総務省が消費の新指標に「消費動向指数」 2018年1月分から - 産経ニュース

 

消費に関する情報のビッグデータ化は著しい。CCCのTポイントしかり、Suica電子マネーの利用履歴然り。今日は上記総務省のリリースを見て、ふとe-statで「消費」と検索してみた。何か地図に起こしたら面白そうな調査はないかな、と思うのだけどやはり市区町村単位の粒度で公表されるデータというものは少ない。*1

今回は「同年代の世帯」のすがたを「覗き見」してみたいと思う。それには家計消費状況調査(月次)の中でも、「四半期単位の支出関連項目(2017年1~3月期)」というのが丁度良さそうだ。調査対象は「二人以上世帯」となっている。

f:id:aimerci13:20170729145947p:plain

その中にある「世帯分布」という大項目の中の「5-2 世帯主の年齢階級別」というExcelをDLしてみる。この表の中には、「世帯主の年齢階級別(「〜34歳」からの5歳刻み)」ごとに、下記の項目が集計されている。

  • 世帯人員
  • 世帯人員別世帯数(1,2,3,4,5,6人〜)
  • 就業者数別世帯数(0,1,2,3人〜)
  • 世帯主の勤めか自営かの別世帯数(雇用されている人,会社などの役員,自営業主,その他)
  • 年間収入階級別世帯数(〜200,200-300,300-400,400-500,500-600,600-700,700-800,900-1000,1000-1250,1250-1500,1500-2000,2000万〜)
  • 在学者の有無別世帯数(いる世帯,いない世帯)

・・・ということで、「同年代」というレイヤで見るならば非常に赤裸々なデータが揃っているわけだ。*2

 

例えば、年齢階級別に「持ち家率」「ローンあり割合」を比較してみる。いずれも母数は「種類別世帯数の合計」としている。

f:id:aimerci13:20170729161710p:plain

持ち家率

〜34歳のニューファミリーとなると持ち家率は5割未満。全国集計なので都市と地方を区別して見ることはできないけれど、それでも5割近くがすでに住宅を購入し定住しているというのは、自分の肌感覚からすると"逆に"多いように感じた。35〜39歳で住宅の購入は一気に増え、持ち家が6割を超える。その後、40〜44,45〜49歳で割合の増加は鈍くなり、50代になったところでいよいよ8割を超える割合に。その後も堅調に9割前後をキープ。

住宅ローンあり割合

早ければ40代後半からローンありの割合が下がっていく(返済完了)となるが、それでも60〜64歳で2割、65〜69歳で1割もの人がローンの返済を続けていることに驚いた。退職した後も毎月一定の額を住宅ローンの返済に費やすのはとても大変なことなんじゃないか、と素人ながらに思う。

 

隣の芝は、青いか?

気になるのは、この調査は「今の、その年齢を対象にしている」ところだ。早い話、40,50代以降の数値に関していえば「家を過去に買ったから、持っている」わけで、その年齢になって新たに持ち家を購入する層は多くはないだろう。

これから10年後20年後、私達がその世代に差し掛かったときに、同じような幅で割合が変わっていくのだろうか?それとも「平成生まれ」や「ミレニアル世代」は、いままでとは違う「社会」のすがたをつくるのだろうか?

*1:あえて言うなら、県庁所在地単位で公表される家計調査(月次)か、都道府県単位で詳細が見れる平成26年全国消費実態調査(5年に1度)あたりになるだろう。

*2:もっと赤裸々に、「1ヶ月単位での収支」の額を見るなら、家計調査がおすすめです。

小売店を打ちのめしたアマゾン 今なぜ実店舗に手を出すの? - Newsweek 日本版

アマゾンはショッピング時の価格比較をブロックするという特許で、密かに競争における自分たちの地位的優位を確保しようとしている。これはオンライン店舗や携帯を使ったショッピングについてのものである。特許内容によると、アマゾンが開発した技術は、顧客がWiFiにアクセスした時に彼らのインターネット上のトラフィックを特定し、彼らが競合他社のサイトにアクセスした際はそれを検知するものだという。

www.newsweekjapan.jp

 

 

羽田空港のおもたせたち

羽田空港T2のSMILE TOKYOで見つけたお菓子たち。

 

その1:(羽田空港限定)ラ・テールの焼きガトーショコラ・ラスク

 

trendy.nikkeibp.co.jp

 

夫が「パッケージがTOP'Sに似てるから…」と言って手に取ったお菓子には、「東京 世田谷」の文字が。もしやもしやと見てみれば、やっぱり。わが町三宿のラ・テールでした!*1

大地の菓子 ラ・テール | LA TERRE ラ・テール

中身は、文字通りガトーショコラのラスクですが、ざくざくと大きめなザラメが丁寧に引いてある。味は結構ビター。紅茶のお供とかにいい感じです。

簡易包装の6枚入648円(税込)がおすすめかな。

 

その2:上野風月堂のゴーフル缶

http://www.fugetsudo-ueno.co.jp/img/catalog/detail/FG-10.jpg

www.fugetsudo-ueno.co.jp


特に空港限定というものではないそうですが、とにかく缶がかわいい!

私はウィーンのDEMELというお菓子屋さんのパッケージデザインがお気に入りなのですが、こういった気品高いデコラティブな装飾にきゅんきゅんします。

www.demel.co.jp

 

 

そういえば、ゴーフルとゴーフレットの違いって何なのでしょうか?

 

 

*1:ラ・テールのパン屋さんは私が高校生の最後に人生で初めてアルバイトをしたお店でもあります。ブーランジェリー ラ・テール | LA TERRE ラ・テール

私がWECを好きな理由

http://www.underconsideration.com/brandnew/archives/24_le_mans_logo_detail.jpg


ル・マン24時間を観ていると、「わーこれだ!WECこそ私の求めてたモータースポーツ!」と思うものがそこにはありました。


F1は確かにかっこいいしドライバーにもタレント性があって非常に華やかな世界なんだけど、まずもってレギュレーションが超複雑ですぐ変わる、そしてドライバーに最適化されたチューニングも含め属人的な要素が大きすぎる、さらに規定の周回数を最も速く走破したドライバーが勝利するためにレースが短時間で終わるし、情勢も一方的なまま終わってしまうことが多い(競り合いや大逆転劇などが毎回起こるわけではない)なあ、などと長らくぼんやり感じていた。


そこへ颯爽とあらわれたWEC!*1
こういうのこそ地上波で観たいのだけど…まあさすがに24時間生中継は無理ですかね…ヨーロッパでは無料の放送で観れるのかな?うちはJ SPORTS3で観ました。

ル・マン24時間レース」のサルトサーキットは1周約13.6kmの長いコースであり、WEC(世界耐久選手権)のサーキットの中ではダントツに速い超高速サーキット。制限される燃料で速く走る効率の良さが求められる。そこに必要なのはチームの技術だけではない、ドライバーの燃費消費を考えたドライビングの工夫も大いに必要になってくる。

そして、24時間の戦いの場面では激しいバトルになることもあるし、その中で周回遅れとなるLMP2のマシン、さらに速度域の低いGTクラスのマシンをいかにうまくかわして行くかも重要なポイントだ。クラス違いのマシンをパッシングする際のリスクは常につきまとい、彼らと絡むアクシデントは絶対に避けなければならない。なおかつ効率の良いドライビングも求められるわけだから、ドライバーは大変だ。
それだけではない。アクシデント発生時にはセーフティーカーが導入され、レースが度々、中立状態になる。その後のレース展開の判断力、チームクルーたちの仕事ぶりは大きくレースの行方を左右する。チームの指揮系統がしっかりしていなくてはならないし、眠る暇もないメカニック達の集中力も必要。総合力、経験など様々な要素が絡み合い、レースが動いて行く。
トヨタ、アウディ、ポルシェの対決は単なるスピード勝負ではない。新時代のル・マン24時間レース!(辻野ヒロシ) - 個人 - Yahoo!ニュース


周回数ではなく規定の時間数走りきることが求められ、その中で何度も起こるピットイン、抜きつ抜かれつの駆け引きとテクニック、ドライバーの交代とマシンのトラブルは順位を大きく変えることもある。レース全体と、スティントごとの評価。
とにかくドラマがてんこ盛り。フルコースでどきどきわくわくが止まらなくて、そして私が、モータースポーツ最大の魅力だと思っているあの轟音を6時間も、24時間も聴いていられる幸せ。LMP1やLMP2ばかりが国際映像には映るけど、その死角で必至に競り合いを繰り広げているGTE Pro及びGTE Amの頑張り。
今年のル・マンはやはりトヨタに勝ってもらいたかったのだけど、でも、「えっ可夢偉どこ?7号車は?えっ、9号車……!?寝て、起きたら順位が変わってた、リタイアしてた!」という体験があまりにも衝撃的すぎて、それでWECに惚れてしまったと言っても過言ではないと思う。一時はLMP2の車が首位を走るという波乱に加え、レース最終盤にはGTE ProにおけるシボレーVSアストンマーチンの米英死闘!*2もう最高でした。後日、J SPORTSの再放送もちゃんと観て深夜〜早朝になにが起こっていたのかキャッチアップしましたよ。
あとまあ車のシェープ的にも個人的にはフルカウルが好きなので*3、LMP, GTEといったクラスの車はちょうどしっくりくるデザインなのかなーと思っています。

先週末のニュル6時間ももちろん観てました(ゴールは深夜2時すぎだったからやっぱり寝てたけど…)。トヨタ、ツイてないと思うけど、でもまたしても予選でポールポジションを獲得した可夢偉さんやっぱり音速。ニュルのコースは高低差とカーブの多さがまたサルト・サーキットとは違っておもしろかった。ポルシェのダウンフォースすごいねって話もあります。

 
2017年のレーススケジュールはこちら。個人的には冬の上海レース気になるな〜。
8月は大会がないので飢えるけど、9月からは3ヶ月で5戦もある。幸せ。

大会名 開催日 サーキット
第1戦 シルバーストン6時間レース 4月16日 シルバーストン・サーキット
第2戦 スパ・フランコルシャン6時間レース 5月6日 スパ・フランコルシャンサーキット
第3戦 ル・マン24時間レース 6月17-18日 サルト・サーキット
第4戦 ニュルブルクリンク6時間レース 7月16日 ニュルブルクリンク
第5戦 メキシコシティ6時間レース 9月3日 エルマノス・ロドリゲス・サーキット
第6戦 オースティン6時間レース 9月16日 サーキット・オブ・ジ・アメリカズ
第7戦 富士6時間レース 10月15日 富士スピードウェイ
第8戦 上海6時間レース 11月5日 上海インターナショナルサーキット
第9戦 バーレーン6時間レース 11月18日 バーレーン・インターナショナル・サーキット

ジャッキーチェンDCレーシングのオーナーさん、来ないだろうか。
トヨタ・ガズーも頑張れ。下記の記事おもしろいです。
toyotagazooracing.com
 

WEC - 2017 24 Hours of Le Mans - Highlights

*1:FIA世界耐久選手権

*2:アストンマーチンに軍配が上がった

*3:'89年生まれというレッツ&ゴー!!全盛期の世代だから。

20170719

めざせキャッシュレス社会

個人的には、実生活で小銭を持ち歩くメリットを感じたことがない。それこそお店のキャンペーンとかでスクラッチを削るときくらいのものだ。小銭いらずで支払ってなおかつポイントが貯まるなんて、これ以上美味しい話はないんじゃないのかと思うのだが。

クレカ若しくは電子マネーでも良いのでとにかくもっとキャッシュレスに暮らせるようにして欲しい。そのためにはもちろん決済サービスのユーザーが増えることも重要だけど、加盟店の手数料が下がらなくてはだめだ。支払いや送金については、今の日本だと法律上の障壁も多くありそうだ。私はメルカリ事件*1で初めて「ショッピング枠の現金化」という文化を知ったのだけど、先日のCASHの件*2といい、お金にかかわるビジネスは非常にブラックな現実/社会とも向き合わざるをえないところがなんともシビア。

まあ日本でインフラとして浸透するのは相当大変だろうけど、法整備も含め、キャッシュレスへと移行するインセンティブはもっと用意しておいてもいいと思う。例えば、医療系レシートを全て電子化することで確定申告が楽になるとか。

ちなみにスウェーデンは北欧でも最もキャッシュレス化が進んでいるらしい。
キャッシュレス化した北欧の電子決済事情と旅行者への注意点

 

ロサンゼルスの億万長者、ホームレス補助のための税金支払い義務化か

https://jp.sputniknews.com/us/201606092279635/

個人所得が年間100万ドル以上の国民は1所得項目につき1%の追加課税対象となる予定。地元当局によると、税収は年間2億4300万ドル以上になる見込みで、ホームレスの生活の大幅改善が期待される。

このイニシアチブに関する投票は11月に開催される。調査によると、ロサンゼルスの住民の約80%が税を是認している。

今ロサンゼルス郡には約4万6000人のホームレスがいるという。

 BBCで取り挙げられていた話。税率を上げることを認め、人権的にも治安的な意味でも「是正」に向かおうとする意思。まずもってこういうことを「合理的」と言うんだと思います。アメリカの底力、市民力を見せられたなと思わせる記事。

 

3年過ぎたから見えてきたもの

今日は、1年半ぶりくらいのメンバーで夕食だった。

私からするとある種絶対王者といった存在感のある企業人ではあるので、本当にどんな小さな愚痴でも不思議なカルチャーでも、勉強になるというか、純粋に面白く感じるものだ。いずれもオフレコにつきブログに載せられる話などないのだが、それもまた会食の醍醐味。

 

夫婦で会社を起こして3年目*1ということで、今まではなかなか言葉にしきれなかった自社・事業のことも、今夜はなんだかすっきりと言葉にして話せるようになったと思う。聞く方からしたらどのくらい意味のある話だったかは定かではないけれど。。

ここ1年は得意分野(GIS)の開発案件に集中させてもらえたことと、その営業でも比較的ハンドリングできていること、あとは総務・経理の業務を社労士や税理士にきちんと引き継ぎ完了できたことで、本当によい環境におかせてもらっている。これについては社長もとい夫には感謝してもしきれないくらいのことだ。リソースとは人・モノ・カネ・情報、とはよく言うものだが、総合的にいうなら「環境」の一言に尽きる。良いときは「環境が良いんだ」の一言で済むものだし、そうではないと「人が~、モノが~、カネが~、情報が~」と何かしら不満のはけ口を探してしまうものである。適度な外的プレッシャー(競合他社の動向など)は自分らの視野を広げるためにも必要だと思うので、あまり近視眼的にならず、それでも楽観的にこの環境を謳歌しながら仕事を続けていきたいなと素直に思えた夜だった。

 

思えば、去年は1年間ずっとプレッシャーに背中を蹴られ続けて仕事をしてきた。今でこそ笑って話すことができるけど、特に秋冬の期間においては湯船につかりながら張り詰めた気が解けて泣き出してしまうこともしばしば。まさに私の悪い癖であるインプット過多、アウトプット過少(内的プレッシャー)な状態が長らく続き、動脈硬化のごとく詰まってしまった思考回路そのものを、涙でなんとかきれいに洗い流して綺麗にしようとしているようなものだった。

そんな状況が続いて、プロダクト(iOSアプリ、Webアプリ)がやっと5月にリリースされ、6月に本格的な営業が動き、7月にテレビの取材含めお客さんからの良い反応に触れることができ、心身ともにやっと安心・安定することが出来たのかもしれない。

 

怪盗はあざやかに獲物を盗み出す 創造的な芸術家だが、

探偵はその跡を見てなんくせつける ただの批評家に過ぎないんだぜ?

 とはおなじみ怪盗キッド*2のセリフだが、やはり、自分がハンドルを持つ側でありたいとは強く思う。でもそのハンドルが必要以上に肥大化したり、自己を投影しすぎないようにするバランス感覚がなによりも腕の見せどころ。ゆっくりじっくり、されど確かに。

 

本日のお食事

4年ぶりとか…… (@ Bistrot 13区 in Meguro, Tokyo) https://t.co/kKt6G4wL3G

bistrot13区 中目黒

まさかの前職オフィスのそばという大失態チョイスでしたが、とても良い雰囲気のお店です。アラカルトをたくさん頼んだけど値段も手頃に収まったかな。「ラム挽肉とじゃが芋のグラタン」が美味しかった。野菜も◎。但、全席喫煙可とのことで、嫌煙家の方はお気をつけ下さい。

*1:夫は前の屋号から数えるともう6~7年独立してやってますが

*2:名探偵コナンより。元の出典は『ブラウン神父の童心』とのこと。