Bi-Bo-6

Bi-Bo-6

記憶を記録 feat. 宇田川藍

「好きだった曲」と「泣ける曲」

好きだった曲

www.youtube.com

 

ブリジット・メンドラー(U.S.のいわゆるディズニーアイドル)のポップソング、「Ready or Not」。

曲調も歌詞も、ポップコーン的といいますか、明るいデミ・ロヴァートといいますか、「キャッチーで"普通に"いい曲」というポジションではあり。

リリースは大学を卒業した年の夏だそうで、22〜25歳くらいまでの間、かなり好きでヘビロテしていた1曲だった。Spotifyが上陸して自分用Playlistを作ったときにも、最初期から入れていた定番だった。

 

ところが。

大学を卒業から早8年。結婚もした子供もできた(関係あるかな?)。

 

先日、数年ぶりに、久しぶりにこの曲を聴いたら、「なにも」心に響かなくなっていた!

 

「良い曲」とは思えず、Spotify上のPlaylistで、この曲をスキップしてしまったのだ。 

どちらかというと、「聴きたくない曲」になっていた。

 

不思議だ。

 

泣ける曲

 

www.youtube.com

私のリスニング力は低い。

好きな曲をずっと聴いていて、歌詞も見ながらなんとなく、いや半ば必死で口ずさむ、それっぽいことはできるけど、とてもすらすらと歌うことはできない。

そんな英語ノンネイティブな私にも、聴く度になんでか「うるっときてしまう」曲がある。

 

クリーン・バンディットの「Rockabye」だ。

 

歌詞にも、メロディにも、そして「Rock-a-bye」というタイトルとそれが指し示すテーマにも……

1つの楽曲として、不思議な魔力を感じるのだ。聴く度に感極まっている。

 

不思議だ。