Bi-Bo-6

Bi-Bo-6

記憶を記録 feat. 宇田川藍

20170719

めざせキャッシュレス社会

個人的には、実生活で小銭を持ち歩くメリットを感じたことがない。それこそお店のキャンペーンとかでスクラッチを削るときくらいのものだ。小銭いらずで支払ってなおかつポイントが貯まるなんて、これ以上美味しい話はないんじゃないのかと思うのだが。

クレカ若しくは電子マネーでも良いのでとにかくもっとキャッシュレスに暮らせるようにして欲しい。そのためにはもちろん決済サービスのユーザーが増えることも重要だけど、加盟店の手数料が下がらなくてはだめだ。支払いや送金については、今の日本だと法律上の障壁も多くありそうだ。私はメルカリ事件*1で初めて「ショッピング枠の現金化」という文化を知ったのだけど、先日のCASHの件*2といい、お金にかかわるビジネスは非常にブラックな現実/社会とも向き合わざるをえないところがなんともシビア。

まあ日本でインフラとして浸透するのは相当大変だろうけど、法整備も含め、キャッシュレスへと移行するインセンティブはもっと用意しておいてもいいと思う。例えば、医療系レシートを全て電子化することで確定申告が楽になるとか。

ちなみにスウェーデンは北欧でも最もキャッシュレス化が進んでいるらしい。
キャッシュレス化した北欧の電子決済事情と旅行者への注意点

 

ロサンゼルスの億万長者、ホームレス補助のための税金支払い義務化か

https://jp.sputniknews.com/us/201606092279635/

個人所得が年間100万ドル以上の国民は1所得項目につき1%の追加課税対象となる予定。地元当局によると、税収は年間2億4300万ドル以上になる見込みで、ホームレスの生活の大幅改善が期待される。

このイニシアチブに関する投票は11月に開催される。調査によると、ロサンゼルスの住民の約80%が税を是認している。

今ロサンゼルス郡には約4万6000人のホームレスがいるという。

 BBCで取り挙げられていた話。税率を上げることを認め、人権的にも治安的な意味でも「是正」に向かおうとする意思。まずもってこういうことを「合理的」と言うんだと思います。アメリカの底力、市民力を見せられたなと思わせる記事。