Bi-Bo-6

Bi-Bo-6

記憶を記録 feat. 宇田川藍

Numero Tokyo Aug. 2013

――海外へ行った理由は?
特に目的はなかったんです。ただ、NYに1ヶ月滞在してみようと思ったんですよね。本当にひとりで行ったので、無駄なほど寂しかったし。でも日本にいても、ただ考えるだけで終わっていたと思うので、自分に対する試練のようなものを味わえたのはよかった。
――自らを追い込むタイプなんですね(笑)
そうですね(笑) ぼーっとして終わるくらいなら、苦労して終わるほうが幸せかなって。
――それは昔からの性格?
ですね。自分に対して全然満足ができないんです。だから、少しでも痛い思いをする場所にいる方が頑張れている気がするんですよね。


〜〜〜
やっぱり自分で体験して得たものは大きいですね。ほんと大きいですね。あと、人は危機感を持たないと何もできるようにならないんだなって。

――それはやっぱり、小嶋さん自身がいろんな経験をしてきたから?
それもあるかも。16歳でAKBに入って、それまでは大人ってみんなちゃんとしててすごいのかと思ってたけど、そうじゃない人もいることに気付いたりもしたし(笑)

人生って、オセロのようでしょう?何かあると「ほらやっぱり」って黒にひっくり返ってしまう。そう言われないための努力はしましたね。