Bi-Bo-6

Bi-Bo-6

記憶を記録 feat. 宇田川藍

ヴィンセント・ギャロ - Blue Note Tokyo Mar.-Apr. 2013

彼は頑なな職人のごとく自身のクリエイティブを追求し続ける。いかに彼の存在が派手でパフォーマティブに映ろうとも、本人はいたって、究極的に真面目な人物なのだ。そして、自らのナイーヴな内面性を丸ごと世界へさらけ出してしまう。