Bi-Bo-6

Bi-Bo-6

記憶を記録 feat. 宇田川藍

DIVAISM Beauty & Lifestyle July 08

SHIHO

「10代、20代のときは、やっぱり見た目が大事というか、いろんな服を着たり、いろんな経験や恋愛をするのが楽しいと思っていたけど、年齢を重ねるほど外側よりもベースの見えない部分を大事にしようと考えるようになりました。生活だったり、考え方、食べるものだけでなく、背骨や肩甲骨の位置についてもそうなんですけど、そこを意識するようになると、心の調子も体の調子も、なんかすごくいいんですよね」
「ヨガを始めたことで、今まで外側に向いていた意識が、内側を向くようになった気がします。そういうタイミングだったのかな。それまではあれもやりたい、これもやりたいって意識が外に向いていて、自分のやりたいことを中心になんとかしようとしていたんです。だけど今はもっと、周りに求められていることとか、今の自分だからできることは何かなって考えられるようになりました。しかも自分のやりたいことと、周りの役に立つことや周りが喜んでくれることが、イコールになることが幸せだと思う。少しは自分の中に余裕になれる気持ちが生まれてきたのかな?」
「働く時間と休む時間を、しっかり分けるようにしています。週2日は休むようにして、毎日仕事はしない。何でもバランスが大事だと思うから。それもやっぱり20代の頃は、毎日仕事をしていても大丈夫だったのに、忙しくなるとだんだんイライラして冴えなくなってくる自分に気がついて。休むとすっごく充実するでしょ!そのほうがかえって仕事もうまくいきますよね」
「そういうときは、『じゃあどうしたらいいの?どうすれば満足なの?』って自分自身に聞くんです。大体そういうときって、自分がこうしようってきちんと決めていなかったり、決めたことに対して頑張っていなかったりするんですよね。『最近ほかのことに、気が散ってたでしょ?』『そうそう、わかってる』みたいに(笑)。目標も曖昧なまま、何となくやっていたから『ね、ダメでしょ?』って気づく感じかな。どういうふうになりたくて、どうすれば満足できるのかをいつも自分に聞いていると、そのためにやらなきゃいけないことが自然と見えてくるし、それをやっているときはやっぱり調子がいいんです」
「透明感のある人だと思うんです。透明感があって、いつも循環している人。自然も循環しているものですが、人も同じで体の中の血液やリンパも、酵素もそうだし、考え方もいつも滞りなく流れている感じがいい。なんだか風通しのいい人が魅力的ですね。そして男性からも女性から見ても、素敵だと思える人。性格の丸みや柔らかさ、母性がありつつも。凛とした強さを持っているん人が理想です。」