Bi-Bo-6

Bi-Bo-6

記憶を記録 feat. 宇田川藍

URBAN LIFE METRO 6

優しい暮らし - やましたひでこ

「優しい暮らしとは、自分がとる行動には必ず結果が伴い、何処かにいる誰か、何処かにある何かに影響を与えるという認識を持つことから始まるのだ。」
「断捨離=片付け、モノをとにかく捨てていくことだけだと思っているかもしれませんが、モノだけでなく、頭や心のガラクタも整理していくこと。モノと自分との関係を問い直し、見直すことを通して、人生を調えていくのが断捨離です。」
「つまり、高級だから、もったいないから、人からもらったからというだけでとっておくというモノに支配された考えではなく、自分を軸に据えた考え方にシフトしていくことで、より快適な人生を歩むことができるというのが、断捨離の考え方なのです。」
ピープル・ツリー - http://www.peopletree.co.jp/
パティスリーポタジエ - http://www.potager.co.jp/

小西真奈美 - 『東京公園』

「悲しくても辛くても、不幸ではないということでしょうか。一人ひとりが、自分の現実をしっかりと受け止めて、抱えているからかもしれません。人のせいにしたり、自分が不幸だとは思っていない気がします。美咲は、ちょっと悲しい恋愛をしていますが、その人を好きになったことを不幸だとは決して思っていません。現実をちゃんと受け止めて抱えている。登場人物は皆そうなんですよね。誰でもそうですが、いろいろなものを抱えている。ちゃんとそれに向き合った人だけが、ちょっと違った場所に行かれる、前に進めるんだろうなと感じられる作品でした。観終わった後に、ちょっと上を向くことが出来た作品でしたね。」
「悪い人が100人いたら、良い人も100人いるんだなという感じ。」
「お茶を始めてからは、四季に敏感になりました。散歩をしていて、お花を見つけたときに、この花が咲く時期になったんだなとか感じられて。お茶には決まりごとが多いですが、そこにはきちんと意味がある。ものへの感謝や、飲む人への思いを込めるとか、心というものを教えてくださる。所作だけなく、心の美しさも大切ですから、心を知るという意味では、演技にも生かされているのではないかと思います。」