Bi-Bo-6

Bi-Bo-6

記憶を記録 feat. 宇田川藍

NEWSWEEK '10 11.24

Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2010年 11/24号 [雑誌]

Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2010年 11/24号 [雑誌]

「大統領担当記者は時折、サイトのアクセス数をつり上げようとして、くだらない質問をする。オバマが口を開けば、無数の評論家がその一言一句を批判して、政権の公的権力を損なうと、オバマの側近たちは嘆く。」
「大半の人は、ネットでは匿名性が守られているという幻想を抱き続けている。ネットユーザーが取る行動はことごとく情報として収集され、データベースに蓄積される。」
「早産増加の理由の一部ははっきりしている。まず、女性の出産年齢が上がったこと(年齢が上がると早産リスクが高まる)。体外受精が増えたこと(早産になりやすい多子出産の確率が上がる)。胎児に異常があるとすぐに帝王切開に頼る医師が増えたこと」「胎盤は複雑な臓器だ。胎児の体の一部であると同時に母体の血管網と複雑につながり、母体と胎児の絶え間ない「化学的対話」、つまり化学物質の交換を促進する。養分やガス、胎盤が作り出すさまざまなホルモンの交換や供給によって、胎児は赤ん坊に成長する。最近の研究によると、この対話の中にその後の神経発達に決定的な役割を果たす指令が含まれているらしい。胎盤は膨大な種類の化学物質を作り、胎児に供給することで一連の化学反応を引き起こすが、その効果が表れるのは生後何年も経ってからだ。ペンの研究チームは、この対話が途中で中断されると、能の発達が妨げられるのではないかと考えている。「胎盤の道案内がないと発達が阻害される」と、ペンは言う。「どのようにして道に迷ったか正確に分かれば、(人工的に)同じ『地図』を作成して、正しい方向への発達を促せる。」」「子供への愛着を強め、母性的な行動を促すことから「養育ホルモン」とも呼ばれるオキシトシンは、自閉症と関係がある。オキシトシン血中濃度の低さと、幼児の社会的・行動的な問題の関連はこれまでも指摘されてきた。さらに自閉症の子供は、オキシトシンのシグナル伝達経路が損傷していることが分かっている。」
「全8作文の出演料などで3人とも既に資産額は富豪並み。ラドクリフは2820万ポンドに達し、英王室のウィリアム王子を超えたと騒がれたばかりだ。」