Bi-Bo-6

Bi-Bo-6

記憶を記録 feat. 宇田川藍

NEWSWEEK '10 11.3

Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2010年 11/3号 [雑誌]

Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2010年 11/3号 [雑誌]

ストライキといえば、ワインやチーズと並ぶフランスの名物。」
「世界のレアアース産出量の90%以上を担う中国は、国内のレアアースが今後20年間で枯渇する恐れがあると主張する。」
「これまでグルーポンが扱う商品のほとんどは、レストランの割引券など低価格の地域限定品だった。次は、これを高額商品に広げるのが目標だ。他者で成功した例もある。中国のショッピングサイト「淘宝(クオパオ)」が今年9月、メルセデス・ベンツの小型車「スマート」を20%値引きする共同購入を呼び掛けたところ、4時間もたたないうちに205人の客が集まった。」
「「若い世代にとって『野心』は格好良くないものになった」と指摘する。今はビジネススクールの卒業生の多くが出世競争をダサいと感じている。21世紀に入って成人した世代はチームワーク重視で、競争するよりは協力するほうがいいと考えている。フェファーによれば、これは「甘やかし文化」の弊害だ。」
「世界に対する無関心は、移民の国であるアメリカにもともと深く根をはっている心理だ。祖国の争いや困窮から逃れるためにこの国にやって来た移民たちは、海の向こうのしがらみに縛られることを嫌う。」「大規模な脅威が出現したり、アメリカ人の生命に危険を及ぼす自体が明確に、具体的に、劇的に起きたりすれば、国際問題に国民の関心が向くが、不安材料が薄らぐと、関心はたちまち国内に戻る」という。アメリカの歴代の指導者たちは、国民のこうした性質に抵抗しようと苦労し続けてきた。」
「甘やかされて育った一人っ子世代(貯蓄より使う方にな慣れた人々)が次々と大人の仲間入りをするにつれ、消費支出は伸び続けると大半の専門家はみている。」