Bi-Bo-6

Bi-Bo-6

記憶を記録 feat. 宇田川藍

ローマの休日 - ウィリアム・ワイラー監督

"Roman Holiday"

ローマの休日 製作50周年記念 デジタル・ニューマスター版 [DVD]

ローマの休日 製作50周年記念 デジタル・ニューマスター版 [DVD]

1953年/アメリカ

出演
グレゴリー・ペックオードリー・ヘプバーン


ローマ行きたい。
当時海外ロケはめずらしかったらしく
これをみて旅行気分を味わった人も多いとか。


原題のRomanとは今のローマのことではなくて
古代ローマ帝国」のことでもあるらしい。
「Roman Holiday」っていうのはそのまま「スキャンダル」の意味でもあるらしいから
ダブルミーニングかもしれないね、っていう話。


以前、アメリカで女性性のシンボルといえばマリリン・モンローだけど(もちろんオードリーにもすごい人気はある)
日本だと圧倒的にオードリー・ヘプバーンが人気、みたいな話を聞いて
すごく納得した覚えがあります。


★----
アン王女、いったいどこの国の人?って感じがすてきだった。
どことなくイギリスのロイヤルファミリーだよね。たぶん参考にしてるだろうし。
なんかひとつひとつのしゃべり方がすごく丁寧で、
邦訳の字幕のせいもあるかもしれないけど、とっても高貴。
本当の王女様を見ているかのよう。
お育ちがよろしくて。
「退ってよろしい」とかは、ちょっと威厳ありげに:)
パジャマのシーンね。
まさに遊びたい盛りの本当はおてんばな王女様って感じ!
かわいいし、美しいし!


写真屋さんは最後のシーンで
封筒渡すところ、よかったなあ。


殿下=highnes
日本語と英語って、なぞ*