Bi-Bo-6

Bi-Bo-6

記憶を記録 feat. 宇田川藍

四国はどこまで入れ換え可能か - 佐藤雅彦

四国はどこまで入れ換え可能か (新潮文庫)

四国はどこまで入れ換え可能か (新潮文庫)


佐藤雅彦さんの今度お会いできると知って、感動。


私が好きなのは
賞味期限シリーズと「大丈夫、ぬるかったから」かな。


意表をつくだとか、
「こんな意味もあるんだ」とか、
そういう"予想外"がこの本の核だと思うし、

それって私たちには予想外のことが
彼には予想外ではないということでもある*